還暦の両親とドバイへ旅行してきた。

dobai01
いろいろ調べているうちに イスラム圏へ行ってみたいなと思うようになりました。
そこで旅行会社の方から、比較的ドバイは安全ですよと言われたので、還暦の両親と一緒に、60歳の還暦祝いを兼ねて旅行してきました。

【ドバイとは】
アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつであり、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する都市。中東屈指の世界都市並びに金融センターであり、21世紀に入ってから多くの超高層ビルや巨大モール、ビッグプロジェクトが建設されるなど、世界的な観光都市となっている。首長はムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームであり、アラブ首長国連邦の副大統領と首相も兼任している。

とWikipediaに紹介されていました。

前記事でも注意する事項はあるのですが、それ以外にも旅行会社の方からも、たくさんの注意を受けながらの旅行でドキドキでした。服装は家族揃って、長袖・長ズボンです!熱かったけど、事故に巻き込まれるのもイヤだったので。

どんな注意を受けたかといえば

【アルコール】
イスラム教徒が嗜んではいけない代表的なものがアルコール。

外国人居住者のために酒屋さんは何軒かあり、許可証(旅行者向け許可証は無い)を持っている人のみ購入可能です。
ホテルではお酒を提供しているところはありますが、この許可証を持っていないと飲酒自体認められてはいません。
飲酒したからといって逮捕されることはないと思いますが、酔っ払ってトラブルを起したりしないためには飲酒しないほうが懸命かもしれません。また空港の到着エリア内にある免税店でお酒類を購入された場合はホテルから外には持ち出さず、部屋で楽しむのが懸命だと思います。ちなみに、アブダビやドバイから日帰り観光できるシャルジャ首長国は禁酒国ですので、お酒の持ち込み、飲酒ともに禁止だそうです。

【肌の露出】
これは前記事にもありますが、いろいろトラブルを招かないためです。
UAEの男性はカンドゥーラと言う白い衣装、女性はアバヤと言う黒い民族衣装を身にまとっています。いずれも長袖で丈の長い服です。女性は顔も見えないよう覆っている人もいます。
ドバイではサウジアラビアと違って、女性はアバヤを着る必要はありませんが、肌の露出をすることでイヤな思いをする必要性は無いと思います。
また、観光でモスクに入る時、女性は必ず頭を覆うスカーフと身体のラインが隠せるコートやジャケットが必要。(アブダビのグランドモスクにはレンタルアバヤがあります。)男性も半そで、半ズボンは避けたほうがよさそうです。服装が規定に満たないとモスクには入れてもらえません。

【写真の撮影】
現地の方は男性も女性も勝手に写真を撮られることを嫌います。観光地や町中で写真撮影をする時、どうしても撮影したければひと言声をかけて許可をもらうなどしてから撮影してください。
また、政府機関や空港内の出入国エリアなどは撮影禁止です。

【断食期間】
ラマダンと呼ばれる断食の期間は、日中の公共の場での飲食、喫煙は外国人でも禁止です。

ラマダン期間中は、日没までレストラン等のほとんどの飲食店は閉まっていますので、食事に関してはおそらく問題は無いと思いますが、人前で水を飲んだりガムをかんだり喫煙することも禁止されています。

飲み物を飲んだり、トイレなどは人目のつかないところで必ず行ってください。
旅行する際にはラマダンの期間を調べて行くこともトラブルを避けることに繋がります。

【メトロでの禁止事項】
ドバイの移動ではメトロが一番利用しやすく、多くの旅行者が利用します。実はこのドバイメトロにも禁止事項が存在しています。「無賃乗車」「危険物持込」「喫煙」「居眠り」「飲食」「唾を吐く」「ごみを散らかす」「メトロ施設を汚す行為」「お酒の持ち込み・飲酒」「足を座席の上の乗せる」など。
車内では係員が見張っており、注意や罰金を受けることもあります。

ドバイ市内ではこれ以外にも、ゴミを路上に捨てたり、横断歩道の無いところを渡ったりなど罰金を課せられるケースも実際にあります。即金なので、現金が無い場合には身分証明書なども没収されますので要注意です。
とにかく、いろいろ注意すべきことがたくさんでちょっと大変ですが、旅行はとても楽しかったです。
単独でいくよりも、旅行アドバイザーが付く旅行パックなどを利用することが安全だと思います。

次回の中東への旅行は UAE第3首長国のシャルジャ首長国へまた両親と旅行してみたいと思います。

↑ PAGE TOP